2012年12月26日

中沢啓治

中沢啓治さんが亡くなられました。自身の実体験から

原爆の恐ろしさを伝えるために「はだしのゲン」を書かれました。

世界中で読まれていて、原爆の恐怖を伝えています。

本人が亡くなっても作品は生き続けて原爆の恐怖を

伝え続けていくことでしょう。



posted by monopo-banabana at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。